確実な証拠集め

東京のビル

東京の町並みは日々変化を遂げています。
また東京中心部のオフィスも常に変化しつつあります。
こうした町並みとオフィスの情報を丹念に集めていきますと近未来のこの町の姿がはっきりと見えてくるようになるのです。
とくに東京はまた2020年に向けて大きく変化を遂げようとしており、町並みにも変化が訪れようとしています。
当然のことながらオフィスもさら大規模な開発が予定されており、新しい街がさらに誕生することが期待されているのです。
こうした近未来の姿をしっかり見通すためにも地域情報として町並みやオフィスの情報を集めていくことが重要になるのです。
こうした情報をうまく集めることができればきっと将来の町並みやオフィスの光景を想像することができるようになるのです。

東京の街は戦後これまでに何回かの大きな開発ガ行われてきましたが、それでも面的に街づくりをするということは非常に限られてきました。
しかしここ10年ぐらいは大規模エリアを一気に新しい街にする取組みが都心部でも行われるようになってきたのです。
オフィスとレジデンシャルエリアの一体化、ならびに新しい町並みの統一感の醸成などこれまでになかったような手法でまったく新しい街が誕生するようになってきているのです。
そしてこの先2020年に向けてまたさらに同様の手法を使って新たな街が誕生することが計画されているのです。
歴史的な文化遺産はうまく残しながらも大きな変化の中でどのように東京の街が変貌を遂げていくかを粒さに見ていくことはとても重要なことといえます。